pick up

遺産を生前贈与する際の注意点と節税方法



土地や家屋を、生前贈与で配偶者や子供に贈与したいと考える人は多いです。

相続税を払うよりも贈与税を払う方がお得だという認識も広まり、長年住んできたマイホームを元気なうちに子供に贈与したいと考えているシニア層も増えてます。

ここでは、資産を生前贈与する際に必要な考え方や、節税の観点で注意すべき事をお伝えします。

【無料】今の家の値段を簡単に調べる方法⇒

まずは不動産の評価額を正確に把握する


所有資産の中でも最も価値の把握が難しいのは不動産でしょう。家屋、つまり所有する家のことですね。

自分の死後に相続をする事になるのと比較して、生前贈与するのとでは、税金面で一体どちらが良いのか?と考えている方も多いと思います。

その結論を出すためには、不動産の評価額をしっかりと把握しなければいけません。

財産に税額計算のための評価をする事を財産評価と呼ぶのですが、生前贈与を考えたら不動産の財産評価をまず最初にやる必要があります。

不動産は「土地の評価額」と「建物の評価額」を合計したものです。ですから両方を知る必要があります。

土地の評価方法はどうすればいい?

【都市部の場合】路線価方式

市街地にある多くの土地には路線価というものが付けられていて、道路に面している宅地1㎡あたりの評価額のことを路線価と言います。

ご自身の所有している建物が面している路線(道路)の路線価に敷地面積をかけたものが土地の財産評価です。

路線価は国税庁のホームページで確認できます。

【田舎の場合】倍率方式

田舎などに多いのですが、路線価がその土地にない場合は倍率方式という方法で建物の財産評価を下します。

固定資産税評価額に一定の倍率をかけて算出するのですが、自身で計算するのは手間がかかるかもしれませんから、普通は税理士など専門家に依頼します。

建物(家屋)の評価方法は一体どうやってすればいい?


マンションや戸建てなど建物の評価額は、「固定資産税評価額」で導けます。

固定資産税評価額は、市区町村役場にある固定資産税台帳を閲覧して誰でも調べる事が可能です。

あるいは、毎年納税通知書と一緒に郵送される固定資産税の課税明細書を見ても知る事ができます。

評価方法は倍率方式というものを取り、自身でマイホームとして使用している建物の場合は倍率は1、他人に貸している貸家の場合は倍率は0.7です。

不動産の財産評価を無料でやって貰える裏技

建物、土地、それぞれの財産評価の方法を紹介しましたが、結局はなんだかんだ言って計算方法もややこしいし、よくわからないという方が大半でしょう。

評価額を間違って見積もってしまう可能性もあるでしょう。

そこでそういう方にご紹介したいのが、不動産の評価額を無料で査定してくれるサービスです。

最近は便利になり、情報を入力するだけで今の家の値段を今すぐ調べる事ができるサービスがあります。

その中でも、正しい値段を知ることができる複数社の査定比較という方法が人気です。

特に人気なのがイエウールという無料サービス。


・約1分で無料査定依頼が完了(売らなくてもOK)
・一戸建ても分譲マンションもどちらも可能
・複数の不動産会社の査定比較ができるので高値が付きやすい

という、実績も豊富なサービスだからこそ、安心して利用できます。

家の値段を調べたからと言って、必ず家を売らないといけないという心配もありません。

まずは家の値段を調べるだけでOK。

家の値段を調べる前に生前贈与をしてしまったりと、税金面で損をしてしまわないように、まずは先に資産価値を正しく把握するようにしましょう。

【無料】今の家にいくらの値がつくのか調べてみる⇒